« 想像以上の美味しさ | トップページ | 今日やっと »

2011年11月28日 (月)

趣味は、好い物

             手描き友禅の中の描くでは無く、切り抜き型紙に、色を乗

             せる 金網状の道具を使い刷毛で、霧吹き状態にしグラデ

             ーションをつけて作品に仕上げる 描くよりも早く仕上が

             る。色柄が、足りないと思ったら フリーハンドで、描き足す

 Photo

               上は、藪欄 下は、トンボ草らしい名前でした

Photo_2

              この使い方としてテーブルセンターでも、ランチョンマット

              でもよいが、この布地は、本来 白地を、草木染で、この

              色に染めた から、汚したくない気持ちが、先に出てしま

              う

Photo_3

              一番綺麗だった図柄と、色合いが、以前、縮小していた

              画像を使いとんでもない写真に成ってしまった(*^_^*)

              恥ずかしいな~~~~又 気が向いたら写真を撮りなお

              して 見ます この作品は、大切に仕舞って有りますから

              気合を入れてアップしたいと思います。

Photo_4

           お正月にでも壁飾りにします。

« 想像以上の美味しさ | トップページ | 今日やっと »

コメント

料理も洋裁も染色も何でも
お出来になるのですね。
私はどれも苦手です。

トンボ草とは初めて聞く植物です。

ばーぱんさんへ
お早うございます
美しく仕上がっていますね いわゆる捺染(なせん)と言う手法の様に
思いましたが・・・
型紙もご自分で作られるのでしょうか
配色が美しいと思いました
一番最後の壁掛けも同じ手法で作られたものですか

matsubara様
こんにちわ
何事も、身近に教えて下さる方がいらっしゃって教室通いをしました。
トンボ草も へ~ そんな花初めて聞きました 見た事ありません~と、皆、不思議がってしまいました。
先生が、仰るから有るのでしょうね 調べもしていませんが、又 実際の花と、絵では、誇張されてる部分もあるだろうなと、思っていました。

古都人 様

こんにちわ
捺染法 初めて聞きました そうなのですか 有り難うございます
先生は、京都で、染色をなさっていたと他の知人から聞いていましたが 
捺染法の言葉は、知りませんでした 専門用語を使わずに簡単説明をなされたのでしょうね
一番下の絵は、白抜きのところまでは、そうですが、絵は、手描きです 丸は、お碗で形を取り扇型は、お刺身皿を使って切り抜きました 笑えるでしょう(*^_^*) なんでも使いなさいと、仰るのです

白抜き部分を型紙を置き 捺染法で、染め濃淡つけまして 中の絵は、糸目液で、細い線の輪郭を描き
手描きをしました こんな時は、時間が経つのも判らない程 熱中してしまいます。

先生が、描かれました帯が、受賞されて、京都でも展示なされたとお聞きしました 縁とは、不思議でした 友人の友人で、知人の紹介で巡り合いました グルグル廻って逢えたのですよ

こんにちは (*゚▽゚)ノ
これ全て、ばーぱんさんの手作りですか?(゚o゚)スゲェ!
素晴らしい腕前ですね w(^o^)w!
ランチョンマットにするのはもったいないような気がします。せっかくの素晴らしい作品、汚したくないですよね。
和の雰囲気、そういえばもう1ヶ月後はお正月なのですね。

こんばんわ
趣味は、熱中できて良いですね 
手描きは、季節を選びますよ 季節に合った趣味で、過ごしています
秋から冬は、編み物です 特に夜の時間は、編み物してます
あっと言う間に12月ですね ブログで、慕辺未行様のルナリアの花を見てから
もう半年に成りました 鉄道関係も、最近は目が行くように成りました 影響ですね(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1520669/43179650

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味は、好い物:

« 想像以上の美味しさ | トップページ | 今日やっと »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ